« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

11月21日 青梅からせせらぎの里美術館へ

自転車で青梅の町に行った。秋の「青梅宿アートフェスティバル」というイベントをやっている。Omefestival

http://www.city.ome.tokyo.jp/shisei/press/20091109omejukuartfes.html

11月21日と22日にかけてこれも町おこしでしょうね、今年で19回目というから結構長続きしている。青梅の町は本当にいろいろな催しを企画して実行していると思う。青梅市の広報担当者には切れ者と実行力がある人たちがいて、連綿とそれが引き継がれているのだと思う。町の商店街もみんなでもり立てていこうと協力しているのがよくわかる。

P1000759r P1000760r 風と共に去りぬの映画看板は書きかえられていて「モーレツ一家けんか旅」になっていた。これもイベントの一環かもしれない。ピエロの格好をした人がたくさんいるので、ピエロをテーマにしているのか。明日は雨らしいが、電車で来てみてもいい。

紅葉も奥多摩では終わりに近づいている。せせらぎの里美術館を通ると紅葉が朝日に照らされてきらきら輝いていたので写真を撮った。写真より本物の方が百倍美しかったが、それは仕方がない。P1000761r 紅葉は朝日に照らされて逆光でみるのが一番きれいだと思うがいかがだろうか。古里の橋ではアメリカ人らしき家族連れが上流をみて写真を撮っている。アメリカには紅葉を愛でる、という感覚がない、と思っていたが、美しいと感じるセンスはある人にはあるのだ。紅葉という英単語はなにか?と友人のカリフォルニア在住アメリカ人に聞くと”Foliage”だ、と答えていた。深みがないのではないか、と指摘すると、そういう単語しかないので、日本の木々の葉っぱが黄色や赤になることを日本人がきれいだ、といいながらわざわざ旅行までして見に行くことはよくわからない、というのがカリフォルニアの大学院生の感覚だった。スウェーデン人の教授はさすがに紅葉を知っていて、やはりFoliageだといっていたが、日本でみたことがある、それは美しかった、とわかったようなことを言っていた。スウェーデンに紅葉はあるのか、ときくとあるかもしれないが気にしたことがない、との答え。針葉樹林では紅葉はないだろうな。そういえば日本の庭では苔は美しいと感じるがスウェーデンでは庭の敵である、との感覚。コケがでたら退治するのだそうだ。そうですか。本日の走行距離104Km、実走行時間3時間59分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

11月15日 鳩ノ巣渓谷の紅葉から狭山茶畑の向こうの富士山

朝の八時、気温は16度くらいはある、寒くはない。青梅街道を上がっていくと今日は人が多い、御嶽の駅前では紅葉見物のおじさんおばさんが道路まではみ出しながらバスを待っているのだ。確かに今日ロープウエイで山に登れば360度紅葉が楽しめるだろう。古里の橋から上流をみれば、それは鳩ノ巣渓谷の紅葉、朝日が当たりきれいだ。

P1000753r 少し下流の御嶽の橋から見た吊り橋も銀杏の木に朝日が当たり黄金色に輝いている。

P1000755r 大勢の人が橋の上から写真を撮っている。この吊り橋を渡ってみたくなるのだろう。奥多摩は東京から手軽にくることができる紅葉のスポットだ。

今日は空気が澄んでいるらしく、富士山がきれいに見える。この季節は頂上に冠雪があり、最もバランスよく富士山が見えるだと思う。

P1000752r富士山は遠くからみても美しい。こうしたきれいな景色を見ながら自転車で走ると実に気持ちがいい。今日も実走行距離103Km、走行時間3時間54分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »