« 12月6日 御嶽の紅葉も最後か | トップページ | 12月20日 摂氏5度の朝出発、手足が震えたが暖まって帰還 »

12月12日 雨上がりの土曜日は快晴

金曜日は一日中冷たい雨だった。定期的な検査、ということで面倒だけれども大腸検査を受けた。前の日には7時に400ccの水を飲み、8時に下剤、9時までに食事をとり、10時に大量の水分をとった。朝までに1-2回のお通じがあり、金曜日10時に検査の医院へ。さらに下剤を3錠飲んで1800CCの下剤を飲んで20分に一度のお通じ。2時頃までかけて胃腸を空っぽにした。大腸検査とは内視鏡を肛門から挿入、盲腸から回腸、直腸まで見て回るという検査。自分の大腸を見せてもらいながら解説付きでみる。痛みはない。2カ所の良性線種というポリープがあるが、4mmと2mmという大きさで問題はないが経過観察、数年後にまたみましょう、との診断。朝昼を抜いているので腹ぺこのはず。帰宅したのは5時、すぐに夕食、腹が減っているはずなのだが、いつもの2倍食べるかといえばそうでもない。なぜか疲れていて10時には就寝。

そして翌日が雨上がりの快晴の土曜日というわけだ。朝9時には13度、快晴の中を自転車で発進。力がでないのは大腸検査の後遺症か。浦和所沢バイパスのちょっとした登りが堪える。青梅に着いた頃にはスタミナ切れを感じるが、快晴で気持ちがいいので知らないふりして行ってしまおうと思う。ZARDを口ずさみながら走っていると古里まで保った。折り返しで下りになると急に元気になる。折り返し地点でのタイムは先週より早く、秋の好調時より6分ほど遅れているだけ、良いじゃないかと思ったからだ。牛浜で12時になってしまい、信号待ちでバナナを食べる。腹が減った、と感じたときには相当危険信号だからだ。さらに踏み切り待ちでSoyJoyをかじる。五日市街道のいつものサークルKサンクスで初めての休憩、秋のタイムより11分遅れ、まずまずだ。サンドイッチと紅茶500cc、5分で再出発。新小金井街道で左折、後半はばてることもなく、まずまずの元気さを残して帰還。実走行時間4時間2分、走行距離102Km。


« 12月6日 御嶽の紅葉も最後か | トップページ | 12月20日 摂氏5度の朝出発、手足が震えたが暖まって帰還 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167411/32581471

この記事へのトラックバック一覧です: 12月12日 雨上がりの土曜日は快晴:

« 12月6日 御嶽の紅葉も最後か | トップページ | 12月20日 摂氏5度の朝出発、手足が震えたが暖まって帰還 »