« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

1月31日 もう一月は終わり、3月のような日差し

朝9時はまだ8度、今日までは暖かい、というのが天気予報。午前中は晴れて午後遅くには曇り、という。9時に発進、浦和所沢道路から所沢入間バイパス、そして入間アウトレットモールの横を抜けて青梅の町へはいる。青梅はマラソンを前に練習に励む人たちが走っている。今年は2月21日の日曜日、これからさらに人は増えるのだろう。今日は自転車ローディー達も多い。自転車のりたちは走りながらいったい何を考えているか。多分、目の前の道路状況を見ながら小さな障害物をさけ、小石や釘を避け、信号を気にしながら走っているだけだと思うが、どうだろうか。去年は音楽を聴きながら、ということもしていたが、外の音が聞き取りにくいということでやめた。今年は少し考えて、iTuneから「長時間聞けて疲れず、外の音の邪魔にならない」ということで「三省堂 高校生日本の歴史」をDLして聞いてみることにしてみた。12時間で2980円は高くないのではないか。ウオーキングの時にも使えるし、大体長いので何度でも聞けるし、役に立つ、かもしれない。

今日は明治維新後の西南の役からだった。高校日本史なので大体は知っているというものの、知らないことが多い。明治維新の10年後に西郷隆盛は征韓論を唱えて政府と対立、鹿児島に帰って旧薩摩の不平士族たちと蜂起して武装の優れた政府軍に破れている。佐賀の江藤新平も同じく参議という立場を投げ打って佐賀の乱を起こし鎮圧され、全国的にほぼ同時に起きていた旧士族の乱と同様に鎮圧されている。その10年後に朝鮮制圧をもくろんだ明治政府は江華島に上陸、しかし戦争準備は不足していて当時の清と講和している。そしてさらに10年後、朝鮮で起きた東学党の乱の鎮圧の名目で朝鮮出兵、同時に出兵していた清と再対立、ここで日清戦争になった。

こういう話が、教科書を読む、という形式で延々と続くのだが、もともと自転車に乗っていて暇なものだから、聞いていればいいのだ。電車に乗っていればつまらないので寝てしまうが、自転車なら寝るわけにはいかない。いいかもしれないぞ、と思う。今日は4時間半で1960年代の経済発展から沖縄返還まできてしまった。次はまた古代、卑弥呼からまた聞いてみよう。実走行時間4時間4分、走行距離103Km。

| コメント (0) | トラックバック (0)

1月17日 東京地方は素晴らしい青空

北日本や日本海側ではずっと雪が降り気分も晴れない毎日かもしれませんが、関東地方の東京近辺では冬晴れ、特に今日は朝から一点の雲もない素晴らしい青空だ。7時に起床、外気温ー1度、暫くは様子を見ていた。9時頃にはまだ6度、今日も昨日のように寒い。9時半にやっと瞬間的に10度に到達し10時頃に家から発進した。寒いと筋肉の動きが悪いのか、今日は少々スローペースの予感。今日のサイクルウェアは次の通り。上は長袖のアンダーアーマーの上にとっくりシャツ、その上に半袖ジャージー、そして外気温0-5度用Adidas自転車用ジャケット。下は長いCWXパンツにレーパン。手にはスポーツ用アンダー手袋の上にスキー用手袋。足にはオーバーシューズウォーマー。頭からはすっぽりかぶるフェーズ部分だけ開いたウォーマーと、冬の完全防寒装備である。ここまで装備すれば5度程度でも寒くはない。

いつものコースで青梅の町にはいるとマラソントレーニングの人々が大げさではなく文字通り列をなして走っている。老若男女、思い思いのスタイルで走っている。町をすぎてもランナーたちは道の端を走っている。折り返し地点まで走る人もいるのだろう、川井駅前の川井大橋の先にある水香園前の折り返し点、大きな看板があり「青梅マラソン折り返し地点」と表示されている。

僕は古里のCVSで吉野街道に折り返すが、今日は先週より2分遅い、まあ、想定内かな。古里周辺の畑は今日も真っ白に霜、もしくは雪化粧、夜は冷えるのだろう。今日も60-70年代の車たちが大勢上から降りてくる。セリカ、スカイラインGT、いすずベレット(あなたは羊派、それとも狼派?という有名なCMがあった。ベレットはもちろん狼派)、トヨタS800、ホンダS600、マーキュリークーガ、などで、排気ガスに特有の臭いがある。ハイオクだからか、排ガス規制前のためか、ツン、とくるにおいだ。先週も大量の60-70年代の車たちに出会ったが、奥多摩で集会でもあるのだろうか。12時になるともう10度は超えているだろう、自転車で走っていてもぽかぽかしてくる。今日の走行距離103Km、実走行時間4時間4分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

1月10日 少し寒いが気持ちの良い日

起床は6時半、外気温は1度、天気予報通り本当に11度まで上がるのだろうか、と心配になるほどで外はまだ暗い。7時頃からは白みはじめ日が差し始めると気温は急上昇、いつものように9時前には一気に10度まで上がったので出発。今日は比較的足はくるくる回る気がする。富士山は今日もばっちり美しく聳え立っている。

P1000875r

青梅に入ると、今週からだろう、青梅マラソンのペナントがひるがえっている。青梅の町は相変わらず元気だ。

P1000890r

そして青梅の各消防署では何かやっているようだ。帰ってから調べてみると「青梅市消防団出初式」である。『団員・消防車両の分列行進、消防団による一斉放水、消防少年団の鼓笛演奏、市立第三中学校吹奏楽部による演奏、青梅消防署はしご車隊による演技、消防車両の展示、消防団活動に功労のあった市民・団体の表彰、団員の表彰』 なるほど、見ていると各消防署では表を開け放ち、受付を設けて記帳してもらうと記念品を渡す、というような雰囲気だ。

古里のCVSで折り返し、先週よりはずいぶんましで年末のタイム並み、先週はよほど調子が悪かったと見える。今日は日曜日、車は多くはないが自転車乗り達は活動開始している。先週は往復で8人にしかすれ違わなかったのに、今日は行きの2時間で25人、帰りの2時間で16人、なんと41人だ。10年前とは大違い、良いことだと思う。今日の総走行距離103.1Km、実走行時間3時間59分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

1月2日 走り初めは気持ちよく

タイヤをPro3Raceに履き替えて、ブレーキシューも交換しての走り初め。朝7時半に目覚めたときは外気温なんと1度、それはないよ、と思いながらも朝食、8時には5度、日が出てきて9時には10度、太陽の力はすごいね。9時15分発進。今日は車も少ないだろうと思いながら走ったがなんのなんの、結構走っている、普通の日曜日並みだ。それでも心なしか走る速度はゆっくり目。ローディー達はどうかと思い、今日はすれ違うローディー達の数を数えることにする。(ローディーの定義は 1. ヘルメット着用者 2. ドロップハンドルの自転車 この二つ) 青梅を超えたあたりからすれ違うローディー達がいる、正月2日からご苦労様。結局8名、まあ、多くはないね、普段ならこの倍はすれ違うからね。古里あたり吉野街道側の日陰の畑は真っ白になっている。霜、というより雪のように真っ白、相当な冷え込みがあったのだろう。幸い日陰でも道は凍結してはいない。冬は水分を摂らないものだが、それにしても今日などは250ccくらいだろうか、真夏なら3リットルは飲むことを思えば随分違うもんだ。それにしても今日は足が回らない。正月で足がなまったか、寒いからか、昨年の1月の記録をみてみるとやはり秋の時間より17分程度遅い。17分というのは相当の違いだ。平均速度を25Km/Hrとしても7Kmくらい秋の僕においていかれていることになる。しかし先週よりも8分遅い、ということは先週の僕にさえ3.5Kmくらい遅れているということ。3.5Kmといえばずっと先の方で見えない距離。ツールドフランス13ステージで新城や別府が先頭から20分も遅れたなどという報道に「そんなに遅れるものか」と思ったが、200Km走って20分だからなあ、あり得るよね、とちょっと勘違いの納得。本日の実走行時間4時間7分、総走行時間 4時間46分、走行距離103Km。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »