« 3月20日 6週間ぶりに乗った | トップページ | 4月2日 鉄で走る »

3月27日 花寒の中、桜の下を走る

朝、10度になるのを待っていたら9時をすぎてしまった。冬支度で発進、昨日のお酒が残る中、足をクルクル回そうとするが力が入らない。なんか今日は無理だな、という感じ。青梅の町で新奥多摩街道へターン、五日市街道へでる。芋窪街道を過ぎるあたりで工事中の標識に気をとられリムうち、パンク。3年ぶりだあ、出先のパンク修理。チューブの予備は3つもあったのだが、点検不十分、2つは不良、最後の一つでセーフであった。チューブ交換に手間取り1時間程度ロス、筋が固まってしまった。これは不覚であった。疲労は実乗車時間ではなく総走行時間に比例しているのだ。喜平橋の桜は三分咲き、ヘトヘトでゴール。実走行時間2時間50分、走行距離72.4Km。P1010032r



« 3月20日 6週間ぶりに乗った | トップページ | 4月2日 鉄で走る »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167411/33958516

この記事へのトラックバック一覧です: 3月27日 花寒の中、桜の下を走る:

« 3月20日 6週間ぶりに乗った | トップページ | 4月2日 鉄で走る »