« 7月4日 真夏の暑さの中ばてる | トップページ | 梅雨が明けたという32度の中のサイクリング »

7月10日 紹興酒が残る朝、気分良くこぎ出す

赤坂の夜、中華料理に紹興酒、それも8年もののカメ酒を大量に飲んだ。赤坂の町は変わった。料亭の町といわれた赤坂は今やパチンコと韓国料理店がやたらに目立つ。そうした中、中華料理店に行った。とにかく、朝起きてもまだ紹興酒のにおいが残っている気がする。こぎ出そうとしたらご近所のおじさんが孫をだっこして登場、「おはようございます、赤ちゃんは何ヶ月?」「八ヶ月」「サングラスのおじさんは怖くないかな?」「ケラケラ」「おさけくちゃいですよ」「ケラケラ」などと会話があって発進。気温は30度だがなぜか爽やか、暑さバテを懸念しながら慎重に走る。以外にもすっと青梅まで到着、新奥多摩街道を左折、下り坂は快調だ。新奥多摩街道は自転車レーンがあって走りやすいのだ。五日市街道方面に左折、横田基地Gate#5を右折、そしてまた左折して五日市街道へ。今日は水を0.8Lすでに消費、先週まではこれで帰りまでもったのが、今日は途中で1Lの飲料補給、冷えていておいしい。新小金井街道を左折してここからは40分で帰還だ。走行距離73Km、実走行時間2時間48分、まずまずだ。


« 7月4日 真夏の暑さの中ばてる | トップページ | 梅雨が明けたという32度の中のサイクリング »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167411/35701434

この記事へのトラックバック一覧です: 7月10日 紹興酒が残る朝、気分良くこぎ出す:

« 7月4日 真夏の暑さの中ばてる | トップページ | 梅雨が明けたという32度の中のサイクリング »