« 熱中症にならない走り方 | トップページ | 暑いけれども爽やかな午前中 »

朝のまだ暑くならないうちに走ろう

朝、7:45に発進、暑くならないうちに出かけようとしたが、既に暑い。今日は午後から鹿教湯温泉に行く予定、その前に走っておこうという作戦だ。関越を跨ぐ道路からみると渋滞模様、午前中は混んでいるのだろうなと思う。午後には少しはましになると期待したい。走ってみると先週の土曜日よりはまし、それでも暑いのはやはりこたえる。じゃあ、止めればいいのではないか、というお言葉があるが、これはラジオ体操みたいなもの、毎週やっておくことが重要と考える、スタンプはもらえないけれどもね。水分持参は1.5L、これで帰るまでもつか、先週は1L追加したのだが、今日は最後まで大丈夫そうである。

青梅までは結構すいすい、青梅から新奥多摩街道、五日市街道とさらにすいすい、結構走れるではないか。結局、新小金井街道まで1.5Lで十分、家まで水分補給追加は不要だった。走行距離72.6Km、実走行時間2時間46分、真夏タイムではあるがまずまずではないか。


« 熱中症にならない走り方 | トップページ | 暑いけれども爽やかな午前中 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167411/35966659

この記事へのトラックバック一覧です: 朝のまだ暑くならないうちに走ろう:

« 熱中症にならない走り方 | トップページ | 暑いけれども爽やかな午前中 »