« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

やっときた爽やかな秋の日、サイクリング日和

先週は秋の気配、ではあったが日差しは真夏の日差しであった。今日はまさしく秋のさわかやかな日、自転車に乗るとしたらこういう日がベストだと思う。先週の水曜日くらいから秋の気配が濃くなってきて、祭日の木曜日の雨で一気に秋になった。

そういえば、金曜日はお休みをもらって長野の春日温泉に行ってきた。午後12時半に所沢ICに入り佐久ICには2時半ころに到着、R142経由で3時半には望月春日温泉に到着、国民宿舎もちづき荘が僕たちの定宿だ。田舎の温泉宿、全く気取らずに温泉を楽しめる。特徴はお湯の泉質、ここのお湯は入ると体がヌルヌルして気持ちがイイし、一度温まると寝るまで冷めない。温泉宿では朝は早く目覚めてしまう、起きたのは5時半、6時からお湯に入れる。一番だろうと思ったら3人も入っていたのにはびっくり。

帰路には野菜や果物の直売場がたくさんあるが、イチオシはR142白樺高原入り口、コメリの隣にある、ふれあい市菜ないろ畑、なんでも売っているが、地元の人達に聞くと此処が一番だという。プルーンは今がシーズンのはずだが、今年は暑さがひどくてあまり甘く無いという。それでもこちらは佐久ICそばのいつも買う農家で買う。一かご1500円で、バケツいっぱい。無選別のものは20個ほど入って200円と格安。今回手に入れた野菜と果物は、枝豆、ラ・フランス、なし、プルーン、プラム、長ネギ、りんご、ナス、トウモロコシといったところ、これでしばらく楽しめる。

今日の自転車では、帰ってからどのフルーツを食べようと考えることでほぼ頭の中は占有されたと言っても過言ではない。まずはなしだろう、その後はプラム、プルーンときて締めにはトウモロコシがたっぷりはいった野菜サラダ、さらに本当の最後にアップルパイと冷たいコーヒー、という組み合わせ。自転車のあとはいくら食べても満腹感が来ない、本日の走行距離は72.8Km、実走行時間2時間43分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

日差しは夏、しかし空気は秋の気配

今日は朝7:45に家を出た、日差しは真夏を思わせるが、風は秋の気配、自転車で走ると気持ちがいい風を感じられる。先週までとは大違いである。関越の上を通るときに混雑具合を見るのが癖になっているが、今日は所沢から高坂SAまで渋滞だとか、浦所バイパスの地点でも渋滞は始まっていた。入間ICを抜けて茶畑の向こうには夏富士がきれいに見える、秋晴れだ。今日は青梅まで水を口にしなかったくらい、汗をかかない。すっかり解体された旧青梅市役所を見ながら奥多摩街道を東に、ここは心地よい下りだ。ペダルはくるくると回る、今日は最後まで全くばてることもなく走り終えた。走行距離72Km、走行時間2時間45分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ブドウと梨が美味しい運動の後

昨日の土曜日、勝沼から塩山にかけてのフルーツラインでブドウを買ってきた。種無しピオーネを3房、1.3Kgを1500円で購入、高いのかやすいのか、スーパーでのか買うと比べると安くもない気がするが、甲斐路、ロザリオビアンコ、巨峰、デラウェア、マスカットなどの中から選べるのでうれしい。昨日はバイクで朝8時に発進、結構走った。中央高速入間ICから小淵沢ICで降りて八ヶ岳高原道路から野辺山に入り、滝沢牧場で一休み、川上村経由でR141に戻り、R299へ。十石峠から上野村経由で小鹿野へ、これが結構長い。両神村を通り、そしてR140で雁坂トンネル(通行料560円)を通ってやっとたどり着いたのが塩山フルーツライン。毎年おじゃましている吉田農園。ピオーネを箱詰めにしてもらい、勝沼ICから帰る。帰宅は6時、走行距離にして460Km。

そして今日は、帰ってから冷蔵庫で冷やしておいたピオーネを食べることだけを考えながらペダルを回した。本日の自転車走行距離は73Km、走行時間は2時間45分でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

長いながーい真夏

9月になれば少しは涼しくなると思っていたのが間違いだった。土曜日は35度、日曜日も33度、一昔前なら夏の一番暑い日の気温である。しかし、こんな日にも自転車は走る。水を1Lもって7:45に出かける。今日はまだ日差しがきつくない、と思っていたら8:00過ぎたら日が照ってきた。自転車で走っていればそんなに暑くはないが止まるとてきめんだ。扇風機にあたっていれば何とか過ごせるが、これがないと部屋の中でも熱中症になる、というのと同じこと。

水分を大量に消費しながら青梅市役所に到着。旧庁舎がなくなっている。一週間ですっかりきれいになった。新しい庁舎への引っ越しをしているということだろうか。奥多摩街道を走り出すと、反対車線にローディー達の姿が見える。やっぱり、こんな猛暑でも走っている人たちはいるのだ。1Lの水は五日市街道の手打ちそばののやで消費完了、サークルKサンクスで1L補給。新小金井街道では10分に一度は水分補給、帰ったら水のシャワーを浴びて、グレープフルートを2つ食べよう、とこればかり考えながら自転車をこいだ。

今日はNV-U35を使ってGPSログをとってみた。帰ってからPCで編集、wadachi(轍)というフリーソフトでインポートして、3600ポイントずつに分割されているメモリースティック上のファイルを連結する。簡単だ。Googleマップ上に表示してみる。まあ、ふつう。Garmin GPS60CSXでのGPSログ機能と同じことができる。オートバイでの実験で外部電源としてEneloopのKBC-L2Aを使うことでが5時間は連続使用できることがわかっているので、雨さえ心配なければ内部電源で3時間、外部電源で5時間、合計8時間は連続使用できるはず。Garmin との決定的な差と考えられるバッテリーの連続使用可能時間は外部電源である程度までなら補完できるということ。

価格が30000円程度で手に入り、Garminより優れたナビとしての性能を持ち、小さくて軽くGPSロガーとしても使える、GPS衛星を捕捉する時間も1分以内、そして車に積み替えても、バイクでも使える、となればこれはお奨めできるということではないか。まだ実験できていないのが雨対策だ。外部電源につないだ状態では防水ができない。iPod用の防水カバーを転用しようと試してみようと思っている。サイズはぎりぎり、腕に巻く、という仕様のベルトで固定することになりそうだが、うまくいくだろうか。

本日の走行距離73Km、走行時間2時間45分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »