« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

Michelin Pro3-Race サイズ25は結構良い

今日からタイヤ前後ともMichelin Pro3-Raceのサイズ25にした。レースに出るわけではないのでこれでもいいか、と思って買ってみたのであるが、乗り心地は23cとだいぶ違う。ロードレーサーに乗る人は、走っているとき、意識的無意識的にも次にタイヤが走る場所を必死で見ているはず。なぜかといえば、変なもんを踏みたくない、段差でこけたくない、リム打ちパンクなどはコリゴリだ、などなどであり、考えてみると神経の半分くらいはそれを避けるために使っているとでも言えるくらいだ。25cでも同じではあるが、クッション性が23cとは違っていて気のせいか、本当にクッションがいいのかわからないが安心感がある。23cでは前100psi、後ろ105くらいで走っていたが、25cでは指定通り前後とも90psi程度にしてみた。タイヤの幅たった2mmの違いで結構違うものだ。

今日もいつものコースで走ったのだが、2時間51分、今までなら2時間40-45分なので、6-11分遅いことになる。熱くも寒くないこの良い時期にこれほど違うということは、タイヤの違いなのか、そんなに違うものなのか。23cは200g、25cは215g、前後で30gの違いであるぞ。来週もう一度走ってみれば本当にタイムへの影響がこれほどあるのか分かるかな。本日の走行距離73Km、走行時間2時間51分。

| コメント (0) | トラックバック (1)

今日は長袖、15度の朝

今朝の発進は8時ちょうど、気温は15度、今日は長袖だ。ほんのひと月前までは長い夏が早く終わって欲しい、などと暑さに参っていたとは思えないほどの心地良さである。今日は午後から姪の結婚式が逗子であるので、11時には帰還したい、ということで青梅市役所手前を青梅街道方面に曲がり、今日は新青梅街道を通ってみることにした。この道は走りにくい、無理して4車線をとってあるので二輪が走行する余地がない。おまけに路面が荒れていて路側帯もガタガタの部分が多く、走りにくい。おまけに、高架になっている箇所が二箇所、一箇所は軽車両通行禁止、ということで下を回ると踏切や交差点が余計にあり実に自転車向きではないことがわかる。なんども走っているはずなのに忘れていたのだ。やはり、新奥多摩街道から五日市街道が走りやすい。今日の走行距離66.6Km、走行時間2時間39分でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

曇天の秋の空、気温20度は自転車にベストなシーズン

朝、8時半に自転車で出かけたのはいつものコース、浦和所沢バイパスからR463、青梅市役所前を奥多摩街道へ。昨日のバイクでのお出かけがオケツに来ている気がする。昨日は朝8時から11時間載っていたからか。温泉でゆっくりしたのではあるが、やはり11時間は長い。暑かった夏には3時間で3L以上の水を消費したのが、気温20度では1Lも飲まない。

今日は走行後タイヤをMichelin Pro3Race サイズ25に差し替えた。当然重くはなるが対パンクでは有効、初めての試みである。どうなるか、次回からのお楽しみである。走行距離73Km、走行時間は2時間43分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

10月10日 午前中の雨が嘘のような午後の自転車

昨日からの結構激しい雨が朝方まで降っていた。天気予報では雨は夕方まで続く、というものであったので今日は無理、と諦めていたのが10時には雨が止んで、12時には快晴になったので急遽自転車で出かけた。爽やか、という形容詞がぴったりの午後、自転車で午後走るのは珍しいのだ。夏ならいつもは7時半から8時にはでるし、冬でも10時までには出かけるのが普通。ゆっくり漕ぎ出して調子よく青梅市役所まで到着、新奥多摩街道を折り返してR16方面へ、そして五日市街道へまわって、小金井公園の手前の新小金井街道を左折、志木街道にはいって帰還。走行時間2時間47分、走行距離73.4Km。

| コメント (0) | トラックバック (0)

10月2日 スローパンクにビクビクの3時間

7:45に発進、R463から入間、青梅へと抜けて、いつものように青梅市役所を左に見て新奥多摩街道を東京方面へ、と思ったらフロントタイヤに異変が。発進後1時間12分でのエアー抜けだから、スローパンクだ。ここでチューブ交換か、エアー補充だけでなんとかなるか、試しにエアーを入れてみると、ビッシリ6気圧入る、しばらくこれで行くことに。気になるフロントタイヤ、五日市街道から新小金井街道に左折する地点で再度エアー抜け。自転車アサヒの店の前で再びエアー注入、またまたビッシリ6Bar、これで家までもつだろう。タイヤを気にしていたら水分補給を怠っていることに気がつく、発進から2時間8分経過しているのに。気が気ではなく帰還、2時間47分、73Km、なんとか持ちこたえられた。Pro3Raceにしてから初めてのパンクはスローパンクだった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »