スポーツ

8月30日 荒川CR左岸から大芦橋を渡り右岸

今日の埼玉県・東京都地方天気予報は曇り、午前中に小雨、午後遅くには台風接近の影響もあり雨。朝は6時前から蝉の鳴き声、予報とは大違いではないのか、と思ったが、天気予報ははずれないはず、7時に出発した。今日は南から湿った空気が入り込んで雨になってくるとの予報から、荒川CR左岸を北上、鴻巣から吹上を抜けるコースを選択した。途中、いつも通るホンダエアポート、常磐薬品の「イソフラボン」の飛行船が停まっている。P1000496r 今日の東京の空を飛ぶのか、強風で大丈夫か、などとあらぬ心配をする。今日は出かけた時間である7時が一番暑かったのではないか、だんだん曇ってきて自転車走行には心地よい。雨が降る前に帰還できるかがポイント。吹上駅の先を左折、東松山方面に向かう。CVSでドリンクを補充、今日は喉が渇く。橋を渡ってCRをはずれる。最近のCRは自転車が多くて走りにくい。道の駅などを右手にみながら、しかし結局CRに戻り、ホンダエアポートの反対側を通る。イソフラボンはもういない、今日は飛んでいるのか。P1000497r 今日のフライト予定をアナウンスしているが、観光フライトなのか、結構人が待っている。川越の向こう、日高か秩父の山には黒い雨雲が見える。大宮方面は白く煙って見えるのはこれも雨か、早く帰らないと雨に遭ってしまう。途中川越近辺でシャワー程度の雨、しかし自宅まで何とか天気はもった。今日の走行時間3時間20分、走行距離87Km。

| コメント (0) | トラックバック (0)

8月23日 2009年 青梅街道→吉野街道→五日市街道

今日の感想は「真夏は終わったね」。朝7:15に発進、涼しいうちにできるだけ走ろうと勇んで走り出したが、曇っていてそんなに暑くない。水の消費も折り返し地点の古里まではゼロ、帰りも10:15までは強い日は差さず、湿度もそこそこで結構さわやかな午前中だった。夏休み中は日程の都合で3回連続平日に走ったが、いくらお盆で夏休み中とはいえ交通量が多く、トラックもビュンビュン走っていて走りにくかった。日曜日の午前中は、交通量も平日に比べれば半分以下、というか3割程度、工事も休工なので至ってスムーズである。走るのはやはり日曜日の午前中が良いね。ところで、青梅街道を走っているとおそば屋さんが多いことに気づく。「そば街道」は日本中至る所にありそうだが、ここ青梅も結構なものだ。青梅駅を過ぎてからしばらくいくとまず目にはいるのが「手打ち蕎麦 わせいろう」、すぐソバに「蕎麦 榎戸」、どちらの店もおいしそうだ。しばらく行くと御嶽の手前に「渓谷一望 手打ち蕎麦 笑(えみ)」、そして「元祖手打ち蕎麦 玉川屋」ときて、御嶽駅を過ぎると「音威子府そば」の看板、音威子府は北海道は浜頓別の手前、北海道の中でも相当な田舎のはずだがどんな蕎麦なんだろう。吉野街道にいけばまた沢山のおそば屋さんがあるが、青梅街道の青梅駅以降古里まででも相当なものだ。今日の走行距離102.3Km、走行時間3時間53分。P1000470s
P1000471s
P1000472s
P1000473s
P1000474s

| コメント (0) | トラックバック (0)

8月18日 2009年 青梅街道→五日市街道→新小金井街道

今日は長かった夏休み最後の日、暑くなる前に走りたい、ということで7時に出発、気温は23度くらい、曇りで無風、つまり自転車日和である。走り出してしばらくは信号で止められて汗がしたたるが、しばらく走っていると調子が落ち着いてきて放熱と発熱のバランスがとれてくる、という良い感じ。このまま曇りの状態で何時まで走れるか、日が出てきてしまえば真夏のバイクは消耗戦になる。青梅街道を走って、青梅の町を過ぎると、吉野梅郷への駅、日向和田があり、駅前には例のへそまんじゅう屋、釜飯やなどがあるが、その並びに教会なのかなんなのか、きれいな建物がある。P1000466r セントフローリア教会というらしいが、今日は平日だからなのか門が開いていたので写真を間近に撮ってみた。

http://www.hkr.ne.jp/~stfloria/

Webサイトによると「この教会はオーナーのグラッパー智子さんが、想い描いた夢をそのまま実現させた。愛の誓い、人生最良のスタートを祝う結婚式場だ。グラッパーさんは25才のとき、この教会でオープニングセレモニーをやっている夢をみていたーという。柱や床の大理石は、ヨーロッパやアジアからオーナーが切り出しまでかかわって輸入したもの。」という話、突然現れるチャペル、教会に青梅マラソンで走っている人も驚くだろう。

今日は、曇りのまま古里での折り返しを迎え、水分補給は少なめですんでいる、良い兆候だ。吉野街道を降りてきて、五日市街道に入ってもまだ日は出てこない。10:15いよいよお出まし、お日様はありがたいのだが、夏のバイク乗りにはじっと堪える存在。いつものKマートで水分補給をして帰路へ、新小金井街道はバイクレーンがあってやはり走りやすい。小金井街道と交差する地点で、清瀬の西武鉄道をくぐる道ができていることが判明、これはさらに良い知らせ、府中街道よりはやっぱり新小金井街道が良い。今日の走行距離104Km、実走行時間3時間52分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

8月12日 青梅→奥多摩→吉野街道→府中街道

夏休み真っ最中、大雨の日は避けて、しかし日照りの日にも走りたくはない、そうすると朝早く曇りの日にでること。今日はその日、朝7時にでた。予報通り曇りで湿度が低いので自転車で走ると汗が乾いて体が冷やされるのが感じられる。体全体がラジエターのようだ。青梅の町までは曇りのままで好調、その先少し日がでてくる。青梅の先に吉野梅郷があるが、そこに向かうJR駅前にへそまんじゅうがある。青梅街道の日向和田駅を過ぎてすぐ左側、神代橋交差点角にあるお店だ。P1000427r 茶色と白のお饅頭の真ん中に、ゴマがあるのでへそまんじゅうとは食べ物のネーミングとしてはセンス悪い、名前の由来を聞いたら女性は食べたくないだろう、いや男性でも。そんなことを考えなければ薄皮でおいしいらしい。疲れたローディーやバイクライダーたちは自転車やオートバイを停めて買っている。この時点では疲れてはいないので僕は買わないだろうな。そのまま青梅街道をあがり、いつものように吉野街道を降りてくると、へそまんじゅうがまたある。日向和田駅を降りて吉野梅郷に行くのに橋を渡るとそこにあるのがまたまたへそまんじゅう。P1000429r おなじお店なんだろうが、こちらにもあるということは結構売れているのか。梅の季節以外で吉野梅郷に来る人は少ないだろうから、通りかかりの人ねらいか。五日市街道に入ると本格的に日が出てきた、あつくてスタミナを奪われる。「水の冷たいシャワー」を頭に描きながら必死でペダルを漕いだ。本日も走行距離103Km、走行時間3時間59分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

8月5日 2009年 青梅街道→吉野街道→五日市街道→府中街道

夏休み初日、先週末の完全休養の代わりに自転車に乗った。朝から曇りで自転車には絶好の日和、浦所バイパスから藤沢経由青梅に入った。青梅街道では平日のためかトラックが多い。工事箇所も数カ所あって土日とは少し雰囲気が違う。古里でターンすると、川井のキャンプ場がある。小中学生たちがサマーキャンプに来ている。P1000329r

小学校の時の夏休み、そういえば臨海学習とか林間学校と称して海や山に学校が連れて行ってくれていた。よく覚えているのは京都の間人(たいざ)、今はカニで有名になっているが当時(1960年代)は本当に何もない海辺の町。バスで行って、一学年40名のクラスが5つだから200名近くの団体、大きな旅館のような場所に泊まった。泳げる距離やスピードごとに1班から9班に分かれて行動、僕は一番泳ぎがうまい1班の副リーダーだった。1班の先生は体育の先生、とにかく海に入ったら他のどの班も行かないような遠くを目指して遠泳するのだ。ただ果てしなく泳ぐので、いくら元気な小学生でも腹が減って仕方ない。おしっこは海の中でしてしまう。夕方宿に帰ったら夕食、いくら食べてもお腹がいっぱいにならない気がした。林間学校は北桑田郡といわれる山の中のキャンプ場、ログハウスにこれも班ごとに分かれて行動。夕食は当然カレーライスをみんなで作る。川井のキャンプ場にきている小中学生も一生忘れないだろうと思う。明日からはオートバイで北東北温泉ツーリングだ。本日の走行距離104Km、走行時間4:00ちょうど。

| コメント (0) | トラックバック (0)

7月25日 2009年 青梅→古里→御嶽→府中街道

今日は出かけたのが9:15遅かった。昨日ちょっと飲み過ぎたか。天候は曇り、予報は一日曇り、降雨確率20%。青梅の町あたりでパラパラと降り出して、丁度いいお湿りか。今日も暑い、スタミナ温存の走りだ。古里の7-11で折り返し、いつもより5分時間がかかっている。下りは涼しい風を受けて快適、御嶽のケーブルカー乗り場への道、鳥居がたっている。御嶽神社への入り口ということか。ケーブルカーは「関東一の平均勾配22度の沿線を一気に上り、麓の滝本駅からわずか6分で標高831mの御岳山駅まで行って、リフトに接続、ケーブルカーの山頂と展望食堂を結ぶ1人乗りリフト。手で触れるほどの距離に、御岳山の大自然を感じられます。約2分間の空中散歩をどうぞお楽しみください」とのこと。御岳ビジターセンター、御嶽神社、七代の滝などがあるらしい。いつもただ自転車で走っているばかりで、奥多摩までの街道沿いには温泉やレストラン、いろいろな見物があるわけで、自転車ではなく一度じっくりきてみたいものだ。P1000294r
今日は五日市街道から府中街道に入り、志木街道と帰還、走行距離103km、走行時間4時間3分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

7月19日 2009年 吉野街道、五日市街道の何気ないレストラン

朝8:10頃に自転車で家をでたときには霧雨模様のこの季節としては上々のお天気、天気予報では曇りでそのうちに気温が上がってくるはず。涼しい午前中に走っておくことだ。しかし、今日は気温が高いのかノドが早めに乾く。650ccの持参したお茶は古里までに半減、今日は結構飲むことになると予感。青梅街道沢井の信号手前で若者二人に抜かれる、何とかついて行こうと思って頑張ってみる。足の様子、時々見せるダンシング、走り方から20歳前後とみる。うちの子供たちより若い。御嶽から川井の信号までが精一杯、信号ダッシュで離されてしまった。若さには勝てない。古里で引き返して吉野街道、何気ないレストランで気になるところがある。そのうちの一つ、アンジェ。「コーヒー&軽食をバリアフリーのお店で」というのがキャッチコピーで、昨年2月にオープン。アンジェとはフランス語で「天使」の意味で、店主の「ほっと出来る、癒される場所にしたい」との思いが込められているらしい。
P1000282r
お店の設計の段階からバリアフリーを考え、駐車場から店内まで段差をなくし、トイレも完全なバリアフリーのため、車椅子のお客様でも安心して入れるとのこと。こういうお店が今後は増えるだろう。

次は、”I`m home”ただいま、というお店。お店のHPもあり
http://www.im-shop.com/
これをみてもレストランとは思えないが、ランチもやっている立派なレストラン。
アイムホーム de ランチ ・・・和風ハンバーグの目玉焼きのせ
週替りパスタ ・・・小エビと大葉のパスタ
週替りカレー ・・・チキンカレー
こういうメニューになっている。
P1000284r
もう一つは五日市街道の玉川上水に出会う直前にある”Ma Maison”私のお家。山名湖にもあるこのフレンチレストラン。青梅にもあるらしいがどこにあるのかは知らない。土日と平日はメニューが違うらしいが、土日ランチは、
≪Aランチ ¥1780≫
サラダ
スープ
肉料理or魚料理
パンorライス
デセール盛り合わせ
コーヒー又は紅茶

≪Bランチ ¥2380≫
サラダオードブル
スープ
プチパスタ
肉料理or魚料理
パンorライス
デセール盛り合わせ
コーヒー又は紅茶

≪Cランチ ¥2980≫
サラダオードブル
スープ
魚料理
肉料理
パンorライス
デセール盛り合わせ
コーヒー又は紅茶

こんな感じ、お店の構えが良いので一度いってみたいと思っている。
P1000285r
今日は走行距離105Km 走行時間3:58。

| コメント (0) | トラックバック (0)

7月11日 2009年 青梅街道→古里→吉野街道→五日市街道→新小金井街道

梅雨の終盤に雨の予報が曇りになって今日は自転車、出かけたのは7:50で27度C、暑くはない。今日もスタミナ温存でスローペース、と思っても走り出したら一生懸命こぐ、なぜだろう。先週はゴルフ合宿でお休みしたのでどうだろう、とそろそろ走っているつもりが結構とばしていた。いつも通りの時間に古里7-11へ。P1000261r
このCVSはバイクツーリングや自転車ローディー達の集合場所でもあるので、いつも誰かしら休んでいるが、最近はここでは休憩しない。ここから上はトンネルがあり僕は避けているが、多くのローディーたちは奥多摩湖目指して駆け上がっていく。僕はここから吉野街道へ、そばやの丹三郎を右にみながら坂を下りる。川井キャンプ場が左に、御嶽山ロープウエイの看板を右に、しばらくいくと左にかんざし美術館、さらに降りると吉川英治記念館の横を抜けて吉野梅郷にでる。さらに進むと問題のかんぽの宿青梅があって、その先で中央自動車道と関越を結ぶ将来は首都圏の大きな環状道路になるだろうという高速道路の下をくぐる。すぐ先を左に折れて多摩川を渡り、新奥多摩街道を右へ、羽村堰の横を抜けて牛浜を左に横田基地へ、そして五日市街道へ、というのが僕のルート。五日市街道で第二のチェックポイントサークルKサンクスがある。
P1000262r
ここでバナナ、SOYJOY2本と飲料を仕入れて再スタート、後は新小金井街道から帰還である。今日は走行時間4時間丁度、走行距離105Km。

| コメント (0) | トラックバック (0)

7月3-4日 2009年 大浅間GC

今日はなぜかゴルフ合宿、朝から関越を飛ばして佐久平ICから20分、大浅間GCに到着、アレンジメントとしては初日オネストジョンで1ラウンドして、手馴らし、3時頃終わるのでひとまずオネストジョンの表彰式、近所の温泉で一風呂浴びて6時からGCで宴会、夜はGCの宿泊、朝一のスタートで早めにあがって新ペリアで表彰、帰宅、というシナリオ。メンバーは10名のおじさんたちで、毎週やっている人もいるし、これが今年は初めてのラウンドという人も(僕だ)いる。この合宿は全く別の会社の人ばかりのお遊びなので気が楽、というか楽しいので毎年やっている。大浅間GCは知っている人は知っている名門ゴルフ場、フェアウェイは広く気持ちいい、と思っていたら、来週は理事長杯があるとかで、フェアウェイはいつもの半分の広さになっていてグリーン周りはラフが草ぼうぼう、フェアウェイサイドのラフも入ったらショートアイアンでしかでない、という長さ、これには参った。しかし、この梅雨の時期に群馬県までは雨だったのに長野に抜けたとたん曇りに変化、昼間は日も差す天候は抜群のゴルフ日よりといえる。久しぶりのゴルフなので、ボールがクラブのしかるべきところに当たらない。結果として距離がでない、ラフに入る、一発ではでない、グリーンの端に乗る、3回以上パットする、という悪循環。「今日はどうでしたか?」と聞かれて、「カートには乗らず歩き回ったので15000歩歩いた」と回答するような一日。まあ、天気も一日もったし、いいんじゃあないでしょうか。ラウンド後はすぐそばにある「大谷地温泉」に直行、380円という銭湯価格、確かに本当に銭湯なのだそうです。ここの主人は前の皇太子、つまり平成天皇に川遊びを教えていたらしくて、そのときの写真が飾られています。天皇になってからは来ていないでしょうね、まさか。創業は文化年間という1806年、歴史はありますが、まあ、ただの民家にあったお風呂、評判がいいので銭湯にしました、という風情である。
http://homepage2.nifty.com/and-/onsen/onsendiary/toushin/ooyachi.htm
牛乳があるので飲む、うまい。クラブに帰って宴会開始。ホネストジョンはさいころを振って難しいルールがあってハンデキャップが調整された結果、なんと僕が優勝、賞金総取りだ。スコアなんて忘れて気分良し。食べ物はたいしたものはないが、飲み物はビール、焼酎、ワインなんでもござれで、さんざん飲むがまだ8時過ぎ、麻雀に突入である。ここからはよく覚えていないが、負けはしなかったが半チャン二回で+8くらい、ばったり寝る。

翌朝は6時にはお目覚め、7時から食事、8時スタート、と滞りなく進む。今日もみんなの行いよく曇りのち晴れという予報。今日もカートには乗らず一日歩こう。昨日よりはクラブのしかるべきところに当たる。まっすぐ飛ぶのでフェアウェイに乗る、すると打ちやすいのでグリーンにも乗りやすい、2回のパットでホールインする、というわけで1日目よりはずっとましである。浅間山が後ろに見えて、グリーンの芝目はすべて山から順目、傾斜もさることながら芝目が結構効くので、パットは容易ではない。昨日も空いていたが今日も空いている、土曜日なのに景気が悪いのか、これはプレイヤーには歓迎だが、ゴルフ場は困っているだろう。ドライバーも飛んで、ドラコンが一ついただけた、賞品はなんでもうれしい。一泊二日のゴルフ合宿、温泉と宴会付きは結構楽しい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

6月27日 2009年 青梅街道→吉野街道→五日市街道

朝から29度、7:30に出かけるときに既に暑い。こういうときにはスタミナ温存運転に限る。それでも走り出したら走ってしまうのが常、ペースを落ち着かせて走る。今日は車が多い、月末の土曜日、走りにくいし気をつけなければ危ない。青梅街道から吉野街道、そして五日市街道沿いには沢山の興味深いお店がある。前から気になっていたのが、古里から吉野街道を少し下りたところにある丹三郎。長福寺というお寺にあるので、外観からはお店には見えないが、そばうどんという看板があり、桜の季節にはきれいに桜が咲く。一度覗いてみたい店である。
P1000217r
吉野街道沿いには沢山のお店があるが、さらに下に降りて梅郷近辺に多くの店がある。茶房ギャラリー木の花という店も気になっている一つ。石挽きそばと書いてあるので本当に石臼で挽いているのか、こちらもいずれ顔を出したいと思っている。
P1000218r
そして五日市街道、こちらは国分寺高校北と国分寺五中のあいだにあるうどんの「のらや」、看板がなければだれもこれがうどん屋だとは気がつかない。
P1000219r
暑い日に自転車で走り回らなくてもいいと思う人もいるが、今日も沢山のローディーたちとすれ違った、普通人とは考え方の差があるのが、趣味人である。今日の走行距離104Km、走行時間4時間10分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

スポーツ | 自転車 | 趣味